• ホーム
  • 日常生活でのインフルエンザ予防

日常生活でのインフルエンザ予防

2019年09月26日
薬を飲む女性

秋から冬にかけて毎年流行するのがインフルエンザ。
感染するとひどい高熱が出たり頭痛や関節痛などの全身症状に悩まされることになり、学校や仕事を1週間程度休まなければいけなくなります。
この厄介なインフルエンザから身を守るためにはどんな予防法があるのでしょうか。
インフルエンザウイルスは感染者がくしゃみや咳をしたときにつばなどの飛沫と一緒に放出されることにより、それを吸い込んでしまって感染する飛沫感染と、感染者がウイルスの付いた状態でドアノブやスイッチ、電車のつり革などに触れ、別の人がそれを触ってしまった手で口や鼻を触れることによって粘膜からウイルスが進入し感染してしまう接触感染のふたつに大きく分けられます。
まずこうした感染者との接触を避けることが予防への第一歩ですので、インフルエンザが流行している期間は人ごみや多くの人が集まるような場所へ行くことはやめましょう。
また通勤や通学などでどうしても公共交通機関などを利用しなければいけないことがあると思いますが、その場合は必ずマスクをつけてウイルスが進入してこないようにします。
外出から戻った際は必ず手洗いをするようにしてください。
爪の中や手のひらのしわ、手首など、手全体を丁寧に洗うことで付着したウイルスを洗い流し接触感染を予防することができます。
もし病院へ行く時間があれば流行が始まる前に予防接種を受けに行くことも有効な予防法のひとつです。
多くの医療機関で受けることができるのでまずは電話などで問い合わせてみるとよいでしょう。
インフルエンザウイルスは抵抗力が弱まっているとより感染しやすくなります。
普段からよく睡眠をとるなどの体調管理を充分行っておきましょう。